記述の採点をどうするか

Pocket
LINEで送る

学校によっては記述式の問題が頻出するところがあります。

で、過去問を解いていって、その採点をどうするか、ということなのですが、本人が解答を見てやってもこれはなかなか難しい。

記述の採点は基本的に「要素点」があるので、その要素を書いていなければ減点になる、わけですが、しかし、解答にそれが書いてないものが多い。学校が発表していないとそう簡単に書くわけにもいかない。だから実は、解答と言われている問題も本当に満点が取れる解答なのかは実はわからないところがある。

なので、本来は先生に採点してもらうのが一番良いのです。

塾によってこの対応はマチマチ。

ちゃんと対応してくれるところもあれば、「ご家庭で対応してください」と丸投げするところもある。

なので、記述が出る学校を受験する場合はその対応も後半に向けて考えておいた方が良いでしょう。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
やり切れる目標にしよう


算数オンライン塾
5月31日の問題


フリーダムオンライン-お知らせ-
夏期講習のお知らせ


慶應進学館-お知らせ-
慶應進学ガイド無料配布のお知らせ






【塾でのご利用について】
塾でWEBワークスをご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内

読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク