過去問は研究するためにやるのであって力試しには使わない

Pocket
LINEで送る

過去問というと、すぐに時間を計って、みたいなイメージになるかもしれませんが、そうではありません。

今できる必要はない。

むしろ研究しないといけないのです。どういう問題が出ているのか、何ができないといけないのか、こういう問題はどうやって解くのか。

時間を計ったら当然、最後までいかないでしょうから、研究することができません。

そうではなくて、一問一問時間をかけて、しっかりマスターするのです。

なにせ、本番の問題の制作者が作った問題ですから、やはり「求めているもの」がはっきり出ている。これを研究しない手はないのです。

「過去問はできないと自信をなくしますから」というのは、塾の抗弁。塾はみんなに同じことをやらせないと非効率だからそう言っているだけの話。

しっかり研究して、対策を絞りましょう。あれもこれも、やっている時間はありません。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事
受験加熱期は競争のデメリットが大きくなる


フリーダムオンライン-学習のヒント-
5年生、スローダウンのすすめ


フリーダムオンライン-お知らせ-
夏期講習のお知らせ




【塾でのご利用について】
フリーダムオンライン WEBワークスOEMのご案内





読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク