進学校と予備校の関係

Pocket
LINEで送る

進学校と予備校には、いろいろな関係があります。

進学校は生徒に大学受験をさせるわけですから、いろいろな情報を持っていなければならない。生徒が勝手に受ければよい、というような話にはならないので、それぞれ進学担当の先生が予備校が主催する勉強会に行ったり、いろいろな大学の説明会に行ったりする。

また模擬試験は、学校単位で参加することも可能なので、それに参加しながら生徒の成績管理に役立てる。

センター時代は、足切りの情報が必要でしたから、何社かのデータにアクセスして生徒が足切りにならないように、いろいろ情報を集めているわけです。

その戦線に最近は出版社やオンラインサービスも参加するようになりました。

特にこのコロナ禍で、自宅で勉強をしなければならない生徒のために、オンラインサービスを学校単位で入れた、というところもありますし、また安い費用で参加できるようにしたところもあります。

大学受験は生徒が全国の大学ばかりでなく、今後世界の大学に挑戦する生徒も出てくるので、本当にいろいろな情報を持っていなければならない。

そういう意味で情報戦略をしっかり立てている学校かどうかも、吟味するポイントになるでしょう。

フリーダムオンライン WEBワークス 無料体験登録


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
Twitter


Newフリーダムオンラインからのお知らせ

フリーダムオンライン 冬期講習のお知らせ


New
合格手帳、今年度最終号ができました。ぜひお役立てください。
2021-22 合格手帳 6年生用入試直前号のお知らせ

2021-22 合格手帳 4・5年生用 12-1月号のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
せっかく入った学校をやめることもある


算数オンライン塾
11月28日の問題



【塾でのご利用について】
フリーダムオンライン WEBワークス OEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク