安全校の選択は弱気が良い

Pocket
LINEで送る

基本的に第一志望は強気、安全校は弱気、のバランスが良いと思っています。

中学は義務教育なので、中学受験に浪人はありません。したがって、全部だめだったら公立で良い、というのであれば、安全校はいらない。

行きたいという学校だけを受ければよいのです。

ただ、公立はちょっと、と家庭が考えているのであれば安全校を考えないわけにはいかない。

で、そうなると子どものすることだから、間違っても合格するぐらいに考えておかないといけないところはあるのです。

途中で行くところが一つできた、というだけで気分はだいぶ変わってくる。

流れを変えるには十分です。

最終的に行くかどうか、はもう一度判断できる部分もあるので、安全校は確実に合格するところを選んでおくと良いでしょう。


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
田中貴のTwitter


Newフリーダムオンラインからのお知らせ

フリーダムオンライン 冬期講習のお知らせ


New
合格手帳、今年度最終号ができました。ぜひお役立てください。
2021-22 合格手帳 6年生用入試直前号のお知らせ

2021-22 合格手帳 4・5年生用 12-1月号のお知らせ



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
ストレスで太る子



【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク