教えてもらっていない先生との面談

Pocket
LINEで送る

教えてもらっていない先生の志望校面談は、割と最近増えてきました。

え?と思うかもしれませんが、講師の多い塾では担当の講師が保護者と面談することはあまりありません。

この先生で大丈夫?みたいに思われたくない、というところははっきりしているので、まあベテランが出てくるわけですが、教えていないから子どもたちの状況はデータだけ。

データだけ見て、「この学校が良いのでは?」と言われてしまうと、何か今一つピンと来ないところがあるかもしれませんね。

塾もなるべくはそういうことは避けたいところなのですが、そううまくいかないこともある。

だから、そういう話はひとつの参考意見として聞いた上で、やはり家庭がしっかり志望校の選択をすべきでしょう。

教えていない先生と面談された、というクレームをつけても、何も起きませんから。


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
田中貴のTwitter


New
合格手帳の9-11月号ができました。秋に向けてしっかり計画を立てていきましょう。
2021 合格手帳 5年生用9-11月号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用9-11月号のお知らせ



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
文化祭の一般公開中止



【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク