英語入試

Pocket
LINEで送る

小学校で英語が正課として取り入れられているので、英語が中学入試の科目として採用されても特に問題はありません。

しかし、たぶん、まだ多くの学校では試験科目に入れられることはないでしょう。

こればかりは差が開くほど勉強してもらわないと、入試では使えないのです。

だから差が開くであろう帰国子女の入試とか、少なくとも英検2級レベルということになるのです。

そうなると全員がそこまで勉強するということが前提にないから、やはり英語を入試の科目として採用するのは難しい、ということになるわけですが。

しかし、今の受験算数は、小学校の算数とはかけ離れている。だから塾に行かないと困るところがあるわけですが、同じ論理で学校の英語とかけ離れた問題を出して、英語のできる子を採りたい、と思う学校が出てくると、そういうことが起こりうる環境ではあるのです。

今まだみんな横一線で、じっと見ているが、どこかの学校が始めてそれでうまくいったりすると、一気に流れは変わってくるかもしれません。



今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
Twitter


New
2021 合格手帳 5年生用夏休み特集号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用夏休み特集号のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
これで確定、大学入試、共通テスト


算数オンライン塾
7月31日の問題



【塾でのご利用について】
フリーダムオンライン WEBワークス OEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク