負担増が生み出した付属校人気

Pocket
LINEで送る

ここのところ、従来に比べかなり付属校人気が大きくなっています。

この分析で、「大学入試のやり方が不透明なので、付属校への流れが生み出された」という考え方が主流だったと思うのですが、実はその理由は中学受験の過度の負担にあるようです。

付属校を受ける子どもたちの受験理由に「これで受験は終わらせたい」というのが、結構あるのです。

まあ、確かにそういう気持ちになることはわからないわけではない。

こんなに大変な受験、またやりたくない。

長い間中学受験に携わってきましたが、今の子どもたちがやっている勉強は過去最も負担が大きいのです。これは、やはり年々問題が蓄積されてきて、中学受験の範囲がジワジワ広がってきた。最早全部やるというのはなかなか大変なところにまできているのです。

だから、子どもたちがそういう気持ちになるのは当然だし、お父さん、お母さんももういいかな、という気になりやすい。

しかし、この先まだまだいろいろな可能性もあるので、たとえ付属校に行ってもいろいろな選択肢を残しておくことは必要だと思います。

例えば付属校に行って大学受験をする子どもたちはいるし、また受験校に行って高校受験をして付属校に入る子もいる。

それはそれで子どもたちがいろいろ考えた結果として、自分の道筋を創っていく大事なプロセスです。

だからその余裕は取っておかないといけない。

そのためには今の子どもたちの負担増を野放しにしてはいけない。

いかに効率よくやって力をつけるか、がこれから最も必要なことだと思います。子どもたちの体力も時間も決して無限ではありませんから。


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
田中貴のTwitter


New
2021 合格手帳 5年生用夏休み特集号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用夏休み特集号のお知らせ



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
英語→理系→海外大学、の次は?



【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク