第487回 つい一言多くなる理由

Pocket
LINEで送る

■ 親はわが子に甘えがあります。

■ 逆ではありません。親が子どもに甘えているのです。だからつい一言が多くなる。わが子だから、というので、いろいろ言ってしまう。

■ 人の子や親せきの子には、そこまで言うことはまずないでしょう。後から大変なことになってしまう、ということがわかっているからです。しかし、親は子どもの保護者ですから、そこに甘えが出る。

■ ついの一言が積もり積もると大変なことになる。子どもたちも言う子は言いますが、黙ってしまう子はずっとため込んでいる。

■ それがいつか爆発することになるのです。だから、受験に対していつも一歩引いて見ている必要がある。

■ 結局本人が頑張るかにかかっています。そこを何とかしたい、という気持ちはよくわかりますが、しかしある意味そうなるタイミングを待っていないといけない。たとえ中学受験の本番に間に合わなくとも、待っていないといけないのは同じです。


New!!フリーダムオンラインからのお知らせ

夏期講習のお知らせ


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
田中貴のTwitter


New
2021 合格手帳 5年生用夏休み特集号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用夏休み特集号のお知らせ



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
結局のところセンターに戻る?


5年生の担任から
負担軽減を考えよう



【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク