解いた過程を大事にする

Pocket
LINEで送る

算数の解答用紙が答えだけ、という学校も少なくありません。

したがって、どうしても答えが合っていることに目が行きがちですが、しかし、本当にわかっていて解いているのか、をちゃんと確かめておく必要がある。

いわゆる「あてはめ」作戦というのがあって、パッとみて答えを想定してしまう子がいるのです。しかもそれが結構当たる。

当たるからつい、考えるよりは当てに行く、ということになって、本当にわかっているわけではないが、正解になっている問題というのもある。

アテカンというのもありますが、まあ、選択問題の場合、最後答えないよりは答えを書いた方が当たる確率が上がる、というのもその通りなのですが、まずは正面からしっかり解きあげる練習をすることが大事。

たまに、これはどうやって解いたのか、ちゃんと説明できるかどうか確認してください。



【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020夏期講習のご案内

2020 合格手帳夏休み特集号を差し上げています。

無料です。
2020 合格手帳夏休み特集号申し込み【5年生用】
2020 合格手帳夏休み特集号申し込み【6年生用】


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
楽勝の第一志望


6年生の教室から
得点力をつける


算数オンライン塾
8月5日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内





「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)

【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2021年受験に向けて パーマリンク