塾を変える

Pocket
LINEで送る

全体的にみると、塾を変えるタイミングは学年の変わり目が多いようです。

つまり1年間進んできて、やはり「どうも違う」と考え、塾を変える。やはり子どもの成績が上がっていかないと塾に通う励みにならない。実際、コストがかかっているわけだから、それなりの効果が出てほしい。

で、最後の1年というので、新6年生の2月に塾を変える、というのが多分一番多いと思われます。で、その次はというと、これが6年生の夏休み明け。

5年生のはじめと同じぐらいか、という印象があるのですが、実際に統計をとったわけではないので、私見として聞いてください。ただ、やはり6年生の夏休み明けに塾を変える人は少なくないのです。

なぜか?

これは学校別対策のせいでしょう。それぞれ家庭で第一志望を決めた。で、その第一志望に対する学校別対策をしてくれる塾はどこなのか?

自塾であれば問題はない、ということなのですが、その中身もただ過去問やるだけ、なら家でもできる。そうではなくて、それなりに出題傾向を分析して、出題頻度の高いものを徹底的に練習させてくれるような塾。

もしなければ、あとは個別に対策を組むしかない。個別指導か、はたまた家庭教師か。

そうなると時間を確保しなければならないから、今まで通った塾はやめる。ということで6年生の9月に塾を変えるということは大いにありなのです。

残り半年。志望校も決まった。あとはそこに向けてがんばるだけ、と考える以上、それを確実に実行できるところで勉強させたい、と思うのは当然といえば当然のことです。

9月以降の学校別対策、しっかり考えてあげてください。



【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020夏期講習のご案内

2020 合格手帳夏休み特集号を差し上げています。

無料です。
2020 合格手帳夏休み特集号申し込み【5年生用】
2020 合格手帳夏休み特集号申し込み【6年生用】


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
偏差値輪切りからの脱出


6年生の教室から
受験生に変貌する


算数オンライン塾
7月28日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内





「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)

【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2021年受験に向けて パーマリンク