第417回 親もがまんが必要

Pocket
LINEで送る

■ 子どもたちが受験勉強を始めるときに、多少なりともこれからはがまんが必要だと説きます。やりたいことをそう何でもやれるわけではない。それなりにやりたいことをがまんして、受験勉強に取り組まないとなかなか結果に繋がらない。

■ 同様に親の方にもがまんが必要な場合はあるのです。例えば子どもが、何かをしている様子を見ていると「まどろっこしい」と思うことがあります。それでつい親が手伝ってしまう。親がやるのは簡単です。しかし、教育的に言えば、あまりよろしくはない。

■ なぜか?

■ 「自分でやりきるチャンス」を奪ってしまっているからです。

■ 新学年になって、いろいろ勉強で苦労しているところがあるかもしれません。でも、本人ががんばって乗り切れたら、それは子どもの成長につながるのです。まずは本人が自分でがんばる力を引き出しましょう。結果をつい問いたくなるでしょうが、それではなかなか成長しない。

■ 親にも我慢が必要です。

オンライン説明会に変更しました。


【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020 合格手帳2ー3月号を差し上げています。
無料です。
2020合格手帳2ー3月号申し込み【新5・6年生用】

2020春期講習のご案内


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
妙な癖


5年生の教室から
カリキュラムが済んだら次へ


慶應進学館から
4教科のバランス


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: なおなおパパママ講座 パーマリンク