第415回 歩留まり

Pocket
LINEで送る

■ 今年も昨年に比べて受験生が増えているようです。したがって本当のことを言えば、学校も合格者を少し多めに出しておかないといけないところではあるのです。

■ 特に複数回入試を行っている学校は、前半の試験の歩留まりが悪くなる傾向にあります。例えば1日に抑えにいって、2日以降チャレンジした学校に合格すると、当然1日校は入学辞退、ということになるので、歩留まりが悪くなる傾向にある。

■ 受験者数が増えた学校は特にその対応を誤ると、定員割れを起こすことになるのです。

■ 学校は学則定員があるので、それを上回ることは基本的にできませんから、その調整が一番難しい。補欠繰り上げをやるのであれば、早めにやりたいところではあるのですが、まだ入試が行われている段階では、なかなか繰上げができない、というところもあるのです。

■ 受験者数が多いときは、補欠もまわりやすい、ということもあり得るものなのです。


【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020 合格手帳2ー3月号を差し上げています。
無料です。
2020合格手帳2ー3月号申し込み【新5・6年生用】

2020春期講習のご案内


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
試験の難度


5年生の教室から
勝ち残りシステムの罠


慶應進学館から
2月4・5日


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: なおなおパパママ講座 パーマリンク