ぎりぎりで入るとついていけない?

Pocket
LINEで送る

トップ校でなければ、合格者の層は大きく2つに分かれるでしょう。

ひとつは、すべり止めで入った層。本来の第一志望は違う学校だったが、そこには合格できなかったので、この学校に来ることになった層。

もうひとつの層はその学校が第一志望で、とにかくがんばった結果として、何とか入った層。

力量的に言えば、前者の方が成績は良かった、でしょう。だから、ぎりぎりで入るとついていけないから、と心配する向きもあるかもしれませんが、何の心配もない。

土台、僅差の勝負なのです。だから、差はあるといってもそれほど大きな差があるわけではない。前者の層も力があれば、さらに上の学校に入っただろうから、まあ、それほど大きな差にはなっていないのです。

かつ、後者の層は第一志望ですから、入学できてうれしいだろうし、これからもがんばるだろうと思われます。学校はなるべく第一志望の子どもたちを採りたい、と思っているのはやはり入学後のやる気が違うからです。

どうしても前者の層は、第一志望と比べてしまっているところがあるから、学校に馴染むまでに多少の時間がかかる。あるいはどうしても諦められず、高校受験をする、と言い出す場合もあるかもしれません。

一方後者の方は、「みんなできるからなあ」という思いはあるでしょうが、しかし、ここで活躍しようと元から思っているところがあるから、それなりにがんばる。

なので、上位で入らずともその後の成績はそんなに悪くならないのです。

やはり行きたい学校に行く、というのが一番、であることは間違いないので、力を発揮できるように心も体も整えていきましょう。


【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020 合格手帳2ー3月号を差し上げています。
無料です。
2020合格手帳2ー3月号申し込み【新5・6年生用】

2020春期講習のご案内


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
さらに消耗戦を続けるか


5年生の教室から
わからないところを解決する手段


算数オンライン塾
1月28日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク