子どもに自信を

Pocket
LINEで送る


子どもたちと話をしていると、良く根拠のない自信にあふれた言葉が聞かれます。

(さっき教えた問題ができただけで)「え、僕って天才でしょ?」

(試験時間を大幅に超えて書き終わった記述の回答に○がついたところで)「やっぱりポイントを逃さないね、僕は。」

横で聞いていると、本当に吹き出したくなるようなフレーズが良く聞かれるのですが、これこそ子どもが前向きに動く原動力なのです。

ところが、競争させて、悪い成績をつきつけて
「ほら、まだまだ力不足でしょう。努力不足でしょ?」
と言われている子どもが何と多いことか。子どもたちはその時、どんな気持ちでいるでしょうか。
「そんなの知らねえよ」と思っていると思うのです。

だから、長い時間悪い状況を突きつけても何も改善しないのです。そういうときはとっとと撤退する。

そして、本人ができることからスタートするのです。何度も言っていますが、子どもは自信があるとき、一番がんばるのです。だからウソでもいいから自信をつけさせないといけない。

これから残りの時間に、どれだけ自信をつけられるか、ある意味周りの言葉にかかっているところでもあるので、お父さん、お母さんは発する言葉に気をつけてください。


2019-2020 合格手帳12ー1月号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み

2019ー2020合格手帳4.5年生12-1月号申し込み


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

中学受験で子どもの人生は決まらない


5年生の教室から
自分で勝手にできるようになる


算数オンライン塾
11月19日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク