個別指導だけで受験する

Pocket
LINEで送る

個別指導というのは、どちらかというと集合授業の補完に使われる傾向が強いでしょう。

ある個別指導の宣伝文句を見ていると、塾の成績を上げることに力が入っている。塾の学校別コースに入るためにはまず塾の成績を上げないといけない、ということのようなのですが、だったら、学校別の対策をすればいいじゃないか、とつい思ってしまいます。

本来は個別指導の方が、子どもの実情に対応できて良いわけですが、そうなると少人数で先生を抱えないといけなくなるから、当然コストが高くなる。だから代わりに集合授業に行く、という流れになっていたところはあるのです。

個別指導が出てきたとき、集合授業の側では「なぜそんなことができるのか」という疑問がありましたが、要は教えられる先生が増えれば良いだけの話で、あとは授業の進め方を工夫することで、個別指導というのは十分に可能になってきているのです。

子どもたちが習い事やスポーツを続けたり、お父さん、お母さんのライフスタイルに合わせた学習体制を作る上でも個別指導中心にするとメリットが多いので、上手に使ってもらいたいと思います。


2019-2020 合格手帳12ー1月号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み

2019ー2020合格手帳4.5年生12-1月号申し込み



Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

競争させることは意味があるのか?


5年生の教室から
5年のうちに読解力をあげたい


算数オンライン塾
11月15日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2021年受験に向けて パーマリンク