学校の魅力を再確認する

受験校のラインナップを考えていくとき、どうしても最初に見るのが偏差値表でしょう。

まあ、どこが安全か、ということになるとまずは偏差値表で合格偏差値をはからないといけない部分があるわけですが、しかし、そうなると偏差値が高い学校の方が良い学校に見えてくる。

ところが学校というのは、いろいろな要素がある。偏差値の高い学校に行くより。子どもに合う学校を選んだ方が良い面はたくさんあるのです。

例えば勉強の体制。自由で子どものやる気に期待してばかりの学校だと、やがて受験となったときに緩くなる場合がある。しかし、それをある程度学校が引っ張ってくれれば、6年間ある程度緊張間を維持して生活できるから、良かった、とか。

好きな部活があったので、それにのめり込んでいたが、そこて培った自信をやがて勉強にも活かすことができた、とか。

まだまだこの先子どもたちの将来はいろいろあるので、何が子どもに合うか、しっかり考えて行くべきなのです。

偏差値だけに目を奪われず、この学校の良さは何だろう、と考えながら併願校を選んでください。


2019-2020 6年生用合格手帳入試直前号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
この時期、親がすべきこと


5年生の教室から
読解力を身につける


慶應進学館から
普通部、国語のポイント


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク