受験する学校はメリハリをつける

模擬試験の結果が出ると、いろいろ考えることが出てくるでしょう。

特にこの時期安全校をどこにするのか、ということをしっかり考えなければいけません。当然のことながら、合格しても行かないということになると、本当の意味での安全校とは言えない。

どうしても私立、と考えるのならいざ知らず、やはり高校受験と天秤にかけて、ここまででないと、というラインはしっかり引いた方が良いでしょう。

しかし、あまり安全校ばかりを考えていると、ラインナップが消極的になりすぎてしまいます。

止めるのは1校でもいい。あとは実力相応校、挑戦校とメリハリのある受験スケジュールを組んでください。

あまりに強気ばかりを並べても本来はいけないところですが、実際に「ここを狙うために中学受験をしてきた。それ以外なら近くの公立の方が良い」という場合もあるでしょうから、一概にダメとは言いがたいところがある。

ただ、一般的にはここまでがんばったから、やはり私立には入れたい、という希望が多いでしょう。だから下げる時はちゃんと下げる、しかし下げてばかりはいない。ちゃんと挑戦するべきは挑戦する、というようなラインナップを考えてください。


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

5年生から中学受験を始めても大丈夫


6年生の教室から
わかったと思った時が一番危ない


算数オンライン塾
11月5日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク