第391回 集中する時間

■ 子供ひとりひとり体力も違うし、解ける問題の幅も違います。したがって、長い時間勉強が持つか、というと、そうなる子とそうでない子に分かれる。

■ 時間を増やしても、後半はなかなか効率が上がらないという場合もあるでしょう。だから、目先を変えて、気分転換する時間も必要なのです。

■ それでもやはり疲れてくると能率は悪くなってくる。疲れれば当然「頭は動かなくなる」部分はあるわけで、ですから、あまりだらだらやらせても意味がない。

■ 気分を変えるときは変える。その代わり、集中する時間は集中させる。

■ 勉強時間にしっかりメリハリがついてくると、時間内にできることも変わってきます。まずはしっかり集中して勉強する時間を作ってください。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

【無料】2019秋の合格手帳を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
経験値を増やす


6年生の教室から
第一志望に出ることはある程度できる


慶應進学館から
慶應湘南学校説明会


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: なおなお母親講座 パーマリンク