第382回 親の受験イメージに左右されない

■ お父さん、お母さんも中学受験をされた、という方が増えてきています。

■ で、お話を聞いていると、「私の方ががんばった」とか「もっとやれるはずだ」みたいな話を聞くことが多いのですが、親の世代のみなさんを教えていたものとして、まあ、そうでもないです・・・。

■ とかく受験イメージというのは複合的に美化される傾向があり、一番身近なことで言えば、大学受験がその根幹になりやすい。で、そこでがんばったから、当然、中学受験でもがんばった、ということになりやすいわけですが、今の子どもたちの方がよほど負荷がかかっています。

■ 私はどちらかといえば、今の子どもたちに対して負荷がかかりすぎていることの方が問題だと思っていて、本来上を向かなければいけない世代が、下を向きやすい状況になってしまっているのが気がかりです。

■ だから親の受験イメージにとらわれてはいけません。今の子どもたちの方がよほど大変なことをさせられていて、当然、つらいはずなのですから・・・。

フリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

New【無料】合格手帳「夏休み特集号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
めげないから、救われているところも多い


5年生の教室から
負担を減らす工夫を


算数オンライン塾
6月20日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク