第379回 国語記述問題の得点を伸ばすには

Pocket
LINEで送る

■ 国語は記述と漢字だけ、という形式の学校があります。

■ 概ね大問が6問~7問ぐらい。漢字が8題出題されて、各2点として16点。残り84点が7問ということになると、各12点、6問だと14点というような配点になるでしょう。

■ そうなると1つの問題について1つの要素だけ、ということはまずあり得ない。

■ 1つの解答の要素は最低2つ、多くの場合は3つある、と考えて良いのです。だから、その要素が解答に含まれているか、ということがまずはポイントになります。

■ これで1つの要素しかなければ、当然3分の1になるのでせいぜい3点か、4点しかもらえなくなる。だから、たくさん書かないと3つの要素は盛り込めない、ということになるのです。

■ ところが、この形式になれていないと、要素を1つ書いて満足してしまう。まあ、何も書かないよりはましですが、だから得点が伸び悩む。だらだら書けば良い、ということではありませんが、まずは複数の要素を想定して答えを書いていかないといけない、ということです。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
出題の意図はいろいろ


6年生の教室から
そろそろ組み分けも終わり?


算数オンライン塾
5月31日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: なおなおパパママ講座 パーマリンク