できれば一度解き上げる

Pocket
LINEで送る

算数の出題形式では、
1)難しい問題を数少なく出す。
2)やさしい問題から難しい問題まで、数多く出す。
3)標準的な問題だけを数多く出す。

という3つのパターンがあります。

で、1)の学校については、やはり1問1問がかなり難しい。なので、今の段階ではなかなか解き上げられないかもしれません。

それでも、がんばってみるということが大事。

例えば2日間、かかった、ということでも良いのです。とにかく解き上げる。

それで解ければ、後は時間を短くするだけになる。で、その間に考えたことが、実は力になっていくところがあるのです。解説を読んで、ふーん、そうか、だと今一つわからない。

あくまで問題が難しいパターンですが、数が少ないからこそ、練ってあるところがあるので、まず解き上げるという実績を積んでください。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
自分がやるしかない


6年生の教室から
小学生だから、効率が大事


慶應進学館から
なぜイは違うのか


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク