私学に求められる要素

Pocket
LINEで送る

ここのところ、いわゆる新興校では、医進系への対策とか、英語教育、海外留学、インターネットやプログラミング、とか、そういう類いのプログラム化を進めています。

学校の教科としてやるのは、なかなか難しいところもありますが、そういうことで学校の良さをアピールする狙いがあるのだと思うのです。

例えば、最近の小学生を教えていて、結構英語ができる子どもたちに会います。

別に帰国子女というわけではないが、小さいことから英語のレッスンに通っていて、英検の準2級ぐらいはとっている、という子どもたち。

こういう子どもたちは私学に行って、どうなるのだろうか、とふと思うのです。

多分、またABCから始まる学校がほとんどではないでしょうか?

例えば英語の試験をやって、既習クラスと未習クラスに分ける、というような話はあまり聞いたことがない。帰国子女を積極的に受けいれている学校ならともかく、そうではない学校ではまず見られないでしょう。

そういう子どもたちは、やはり既習クラスがある学校に行きたいだろうなあ、とは思うのです。

多分、これからのニーズは、そういういろいろな子どもたちの要素に対応できるか、ということなのではないか、と思います。いわゆる伝統校はこれからどう生き残っていけるのか。

最近の偏差値の移り変わりを見ていて、明らかに家庭が学校を選ぶ視点が変わりつつある、と思っています。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
競争させればいい


5年生の教室から
ネットに置き換わる


慶應進学館から
2月1日をどうする?


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク