ベストゲームを

入試結果は、自分ができなくても、他の人もできなければ合格します。

ということだから、何点とらなきゃあ、などと自分でプレッシャーをかける必要はない。良く「~点ぐらいはとれた」という話を聞きますが、やはり採点は厳しい。

子どもたちが思うほど、点数をくれるものではないのです。だから、当然、慎重に、ていねいに解かないといけないわけですが・・・。

なので、ここは自分でシンプルに「自分の力を発揮しよう」と思えば良い。

良くスポーツ選手がいってるじゃないですか。

「自分らしい試合ができれば」

いやあ、君らしい試合ってどんなん? って突っ込む人はあまりいないでしょうし、自分が自分らしいと思えば自分らしいわけです。

これは実は自分にプレッシャーをかけないおまじないみたいなものですが、案外効果がある。

とにかく自分のベストゲームをやってくればいいと思ってがんばってきてください。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
親も平常心で


6年生の教室から
6年生の教室から


今日の慶應義塾進学情報
時計を合わせよう





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2017年受験に向けて パーマリンク