過去問は時間がかかる

New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ

過去問の勉強は、出来不出来によってかかる時間が随分違います。

できなかった問題を直し、理解するためにはそれなりに時間がかかるわけですが、その時間をかけなければその過去問をやった意味がない。

できる問題はいいのです。できるのですから。

問題はできない問題をどうするか。少なくとも、なぜこういう解き方をするのか、どういう知識がなければ解けなかったのかを確認して、それを次の機会に活かす工夫がなければいけません。

だから、ちゃんと時間をかける必要がある。

え、まだそのくらいしかできないの、などと言ってはいけない。その分、しっかり身につけば良いのだから、たくさん問題をこなすことよりも、まずこの一問をしっかり理解することに力を入れてください。


New
新年度生スタディールームオンライン、無料体験のお知らせ


New【無料】秋の合格手帳、差し上げます。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第7回 浦和明の星


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
スランプ


6年生の教室から
家ではできるのに


慶應進学特別から
慶應受験を勧めない塾







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク