志望校を下げてはいけない

Newオンライン中学入試説明会「これからの中学受験」のお知らせ

過去問をやっていて、あまりできない。できないから、志望校を下げよう、というのはダメです。

そうなると、次の学校に決めても、また下げてしまうことになりかねない。もちろん滑り止め、というのはあるのだけれど、しかし、やはりここに入りたいという気持ちで勉強してきたわけだから、過去問ができないからといって志望校を下げてはいけません。

ただし…。

本人があきらめてしまっている場合は、考えないといけないところはあります。なぜなら、勉強しないから。

そういうときは、目先を変えて、併願校の過去問からやってみるのもひとつの手です。しかし、ここでもなるべく粘った方が良い。ここまで勉強しているわけだから、何かをきっかけとして流れが変ることも良くある話なのです。

今はとにかく粘り強く勉強していくことが大事。まだ十分に時間は残されていますから。

New【無料】秋の合格手帳、差し上げます。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第7回 浦和明の星


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
組み分けの手伝いをしてみた


6年生の教室から
正解でも解説を読む


慶應進学特別から
慶應中等部、湘南藤沢中等部 出願書類発売開始


 

自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク