第338回 併願校の絞り込み

■ 第一志望、第二志望の学校はすでに決まってきたと思いますが、併願校の絞り込みはこれからになるでしょう。

■ 模擬試験の成績により、どのくらいが安全か、ということになるわけですが、しかし、ただ偏差値だけで決められないところがあります。

■ もしその学校に通う、ということになったとき、子どもとの相性が悪いと学校生活自体が面白くなくなる。やはりそれなりに中身を調べておいた方が良いでしょう。

■ 一般的に合格がやさしい学校は、管理型が多くなります。管理型というのは子どもたちの成績を管理して、落ちこぼれることを防ぐシステムではあるわけですが、一方でついていけないと、学校をやめなければいけない場合が出てくる。

■ 学校としては大学受験合格に向けて底上げをしなければならないから、がんばらせようとするわけですが、これまでも受験勉強でかなり消耗しているとなかなか対応できない場合もあるでしょう。

■ ところがそうではない、という学校も当然あります。それはそれでこの先大丈夫?と思われる部分もあるが、しかし、学校は学校の指導方針に従ってシステムを作っているわけですから、入学前にしっかりチェックしておく必要がある。

■ 併願校の絞り込みをするにあたって、やはり優先すべきはスクールカラーですから、まずそこから考えていきましょう。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第6回 田園調布学園


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
塾の囲い込みから脱却する


6年生の教室から
6年生、後期の学習のポイント


中学受験 算数オンライン塾
8月16日の問題


 

自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク