子どもの受験ですから

子どもの受験勉強を親が手伝えることは、中学受験の大きなメリットのひとつでしょう。

しかし、子どもたちがやらねければいけないことはたくさんあります。計画を立て、時間管理をして、その内容をチェックしていると、不本意と思うことがたくさん出てくる。

そのたびに小言が多くなってくると、親も子もあまり楽しくはないでしょう。まだ12才。そううまくやれることばかりではないのです。

だから子どもの受験であることをまずしっかり認識してください。

その上で、やれなかったことよりも、やれたことに目を向ける。

昨日より今日できたことを見つけて褒めてあげる。

そのことが子どもたちのやる気を引き出すし、自信も出てくることになる。あくまでコーチは子どもたちの力を引き出すことに注力しないといけないのです。注意しなければいけないことは、もちろん言わなければいけないが、あまり力が入りすぎないように気をつけてください。

WEB学習システム 無料体験登録はこちらから


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第6回 田園調布学園


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
5年の夏休みから中学受験を始める(1)


6年生の教室から
個別指導、家庭教師の費用は高いのが当たり前?


慶應進学特別から
夏は算数をがんばれ


自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク