これから必要な参考書、問題集

=============================================================
フリーダム進学教室 夏期講習のお知らせ
=============================================================

実は過去問というのは、時々なくなります。
すべての学校を作っているわけでもないし、やはり売れ行きに合わせて刷る部数は決めているので、なくなってしまうことがある。

ので、ある程度今のうちから、参考書、問題集の類はそろえておいた方が良いのですが、一方で買いすぎてしまうことが多いのも事実。

これから必要なものをいくつかあげておきましょう。

(1)受験校の過去問
できる、できないは別にして、受験する以上、過去問はそろえた方が良いでしょう。志望順位が低い学校は全部やる余裕はないと思いますが、それでも一年分ぐらいはがんばった方が良いでしょう。

(2)電話帳
昨年の各校の入試問題です。科目別に分かれているもの、学校が上位校に限られているもの、とそれぞれ欠点がありますが、なるべく解説の詳しいものが必要です。これは(1)の受験校の過去問でも同じ。あとでわからなかった問題をしっかり考えるには解説を読む、という勉強も必要ですから、解説の詳しいものを選んでください。

(3)暗記テキスト
理科社会の暗記テキストは最近、本当にたくさんありますが、私は理科社会についてはサピックスのコアプラス、漢字・ことばの問題については旺文社の出る順、を
お薦めしています。

(4)統計
社会の統計は最近、出題が多いので、以下の書籍が参考になるのでしょう。
日本のすがた 矢野恒太郎記念会
朝日ジュニア年間 朝日新聞社

(5)時事問題集
これは秋に各塾から出版されますが、2種類用意されると良いと思います。2種類つまみ読みでも良いので、目を通しておくと、ほぼカバーできるのではない
でしょうか。

で、ここまでが必須。
これ以外にも塾からの宿題が出るかもしれませんが、勉強する時間には限りがありますので、それ以上買い込むのは良く考えてからにしてください。

暗記テキストについては、いろいろ手を出さず、これは全部覚えた、という自信がでるまで繰り返しやることをお勧めします。


フリーダム進学教室学校別入試対策説明会のお知らせ


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第4回 広尾学園


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
まずは平面図形から


6年生の教室から
答え合わせを大切に


慶應進学特別から
理科計算を先に


自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク