第301回 親が落ちこまないように

■ 受験が近づいてきました。入試は必ず結果が出ます。合格か、不合格か。こんなに長い時間準備したにもかかわらず、試験の結果は下手をすると1日で出てしまう。朝試験を受けて、夜にはもう合否がわかる。

■ もし残念であれば、落ち込むでしょう。泣いて部屋に閉じこもってしまうかもしれません。でも、そのくらい悔しいのは良いことです。それなりにがんばったから悔しい。

■ しかし、だからといって家族みんなが落ち込んでしまったら、本人が浮かぶ瀬がなくなる。ウチの中がお通夜みたいで、息苦しかった、と後から振り返る子もいます。

■ だから親がまず切り替える。そして、本人が起ち上がるのを待って、また次に挑戦すればいいのです。いずれにしてもこの春、新しい学校に進学するのだから、そこに通うことが子どもの成長にとってプラスになればいいのです。またプラスになるように親がいろいろ応援すれば良いだけの話。だから結果を心配しないし、残念だったときにかける言葉なんかかんがえなくて良い。

■ ただ、親が落ち込まないようにすることです。その覚悟だけはしっかり持ってください。


2018フリーダム進学教室入会案内


冬期講習のお知らせ
新5年生、冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
わからないことをごまかさない


6年生の教室から
出願準備3


今日の慶應義塾進学情報
総合的な合否判断だから





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: なおなお母親講座 パーマリンク