できないと思いやすいから

子どもたちは、まだまだ経験が足りない。

だから、「自分はできない」と思うと、「やっても無駄じゃない?」と思いやすい。

逆に自分ができる、と思うと、しっかりがんばるようになるものなのです。したがって、できる子はさらに、できる。できない子は全然できない、ということになる。

しかし、その分かれ目も本当は自分で決めている。「やっても無駄じゃない?」と決めているのは自分だからです。

だからそこに気が付く必要がある。ただ、それは大人でも案外気づかない落とし穴である事が多い。

本当はたくさん「できない」経験をさせてはいけないのです。むしろ「できる」経験をさせる必要がある。

だから小学生は褒める機会を増やさないといけない。できないと思いやすい、からです。4年生ぐらいから、毎月、できない、できない、とできない経験を積んでしまうと心はやがて折れてしまう。

成績の与え方は頻繁であれば良い、ということは本当はないのです。

=============================================================
5月13日 中学入試説明会 「学校別対策の考え方」のお知らせ
=============================================================


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
転換点


5年生の教室から
志望校を選ぶ(1)


中学受験 算数オンライン塾
4月19日の問題





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク