6年生前半の比重のかけ方

これから夏休みまでの間、4教科を均等に勉強する必要はありません。

社会はやはり覚えることが中心になるし、理科も半分はそうでしょう。そうなると、覚えたとしても忘れてしまうということは十分にありえる。

だから、あまり覚えることには力を入れない。

その代わり、じっくり考えることに重点を置くと良いでしょう。

算数、理科の計算問題、国語の読解。

この3つがこの時期のメインタスクということになります。それ以外は授業だけ、というのでもよいかもしれない。

授業を聞いておしまい。その分の時間を特にこれらの勉強に充てて欲しい。特に国語はそうです。

国語は受験後半にそれほど力を入れてやらなくなる。逆に覚えることが大変になるからですが、だからこそ今のうちにしっかりやっておかないと国語力をつける時間がなくなる。

メリハリをつけて勉強してください。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
手を打つのを我慢する


6年生の教室から
テストの問題を教材として使い切る


今日の慶應義塾進学情報
ていねいに解く練習





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク