やさしい問題に気を付ける

試験中、気持ちはどうしても難しい問題をなんとかしようという方に向きます。

したがって前半の問題とか、一行問題は急いでやって、みたいなことになる。しかし、結果としては最初の方をずいぶん間違えてしまって、点数としてまとまらない、ということがあるものです。

気持ちはわかるが、実際の入試で差がつくのは実は難しい問題ではありません。

みんなができそうな問題を確実に点数にする、ということです。難しい問題はできる生徒が少ないので、できなくても差をつけられることが少ないが、しかし、みんなができそうな問題を失点すると差を確実につけられてしまう。

これは入試ではあまり良い状況にはなりません。

最初のやさしそうな問題こそ、本当に気を付ける。

ていねいに、ていねいにと、自分に言い聞かせながら、最大限の注意を払って解いていってください。

=============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

コツをつかむ子
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

面接で最も重要なこと
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ

にほんブログ村


カテゴリー: 2015年受験に向けて パーマリンク