おすすめ投稿

メールマガジン「中学受験 田中貴.com通信」のご案内

平成23年12月から中学受験 田中貴.com通信を月刊で発行します。
このメールマガジンでは、学校情報、塾情報、学習アドバイスなど、適宜 掲載してまいります。→見本
ご購読希望の方は以下より、ご登録ください。無料です。
塾に通わずに志望校に合格するノウハウも、適宜掲載しております。

なお、ご購読中止の場合も以下よりご送信ください。

田中貴.com通信登録フォーム


登録解除フォームはこちらから

テスト慣れしすぎる子

毎週、毎月テストを受けている子が多いので、だんだんテスト慣れしすぎてくるところがあります。

まあ、こんな感じ?

まあ、こんなもの?

本当は、あまり慣れすぎずに、いろいろ工夫をしながら、自分のミスや欠点を修正していくことが必要なのだが、あまりその内容に焦点が当てられず、あまり代わり映えしないところがあるでしょう。

ただ、6年生はこれからいろいろな試験を受けるわけで、これを続けていてはいけない。

テストの偏差値や合格可能性よりも、その中身をしっかり検討して、ミスや欠点を防ぐ工夫をしていくことが大事です。


中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
中間テストで愕然とする


中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」
よく考える


中学受験 算数オンライン塾
5月26日の問題


【塾でのご利用について】
塾でWEBワークスをご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内



地方と都市圏の差

ある地方の大学受験塾の先生が、「都市圏の生徒との差は開くばかりだ」という話をされていました。

これは、確かにそうかもしれない、とも思うのです。

ただ、地域には地域の感覚というのがあって、その地域で生きていければ充分、という感覚が強い。

で、実際にその通り、の部分もあるから、別に都市圏の大学に行かなくても、という気持ちも働くからでしょう。

しかし、本当に地域で生きていけるかどうかは、これから不透明な部分もある。

時代は確実に変わっていって、しかも日本は少子化から今のところ逃れる術がないので、AIやロボットに取って代わられる、のではなく、自分達がAIやロボットを使って産業を興していかないといけないところはある。

地方であっても、都市圏との教育差を埋める努力は必要になってくるのではないでしょうか。



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事
夏の計画のポイント


フリーダムオンラインブログ 5年生の担任から
算数と国語はやっておいてよい



【(株)邦学館からのお知らせ 】
WEBワークスを塾・個別指導でご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内





高校受験人口の方が圧倒的に多い

高校進学率は、100%にかなり近くなってきているので、高校受験率というのは、全体の人口の80%を超えます。

中学受験率は、上がっているとはいえ20%には満たない。

したがって高校受験を選んでいる人口の方が圧倒的に多いのです。

だから、中学受験はしなければいけないものではないし、子どもによってプラスにならなければ、止めても良いものです。

中学受験は学校の勉強からかけ離れている分、どうしても塾主導になり、そのデメリットが大きくなってきている。

塾は営利企業ですから、自社の利益のために動くので、そこは家庭がしっかり見ていないといけない。

何としてでも中学受験をしなければ、というものではないので、自分も子どもも追い詰めないようにしてもらいたいと思います。


中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
偏差値にとらわれすぎない


中学受験を2年間でオンライン塾と模試だけで合格させるパパママ塾「田中貴社中」
塾を止めると


中学受験 算数オンライン塾
5月24日の問題


【塾でのご利用について】
塾でWEBワークスをご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内