基本ができていない?

成績があまりふるわない子に対して、こういう言い方をすれば、外れる子はそう多くはないでしょう。

だから、というわけではないが、応用問題ができないと、割と基本問題に戻る傾向があるのですが、これは間違いです。

もちろん確かに基本ができていない、という場合もあるでしょうが、そんなのはテストを見ればすぐわかる。基本ができていないのなら、最初から間違うわけで、最初の一行問題ができている子は基本ができていないわけではないのです。

じゃあ、何ができないのか?

応用問題の解き方が身についていない、ということです。

応用問題というのは、いくつかの考えが論理的に重なっている。A→B→C→Dというように論理が積み重なって答えが出るわけです。

基本問題というのは、これが1ステップぐらいしかない。A→Bで終わり、というようなイメージでしょうか。

だからA→B→C→Dができないから、といってA→Bができないと考えてはいけない。

A→Bはできる子は多いのです。でもA→B→Cに進まないから、解けないわけで、だからその練習をしないといけない。

ではどうするか?

一番効率の良い方法は、よく考えてできない場合、一度解説を読んで、もう一度組み立て直す。解法を清書する、といってもいいかもしれないが、ただ、きれいに書き写すということではなく、頭の中で考えて先に進む。

途中でわからなくなることもあるでしょう。その場合はまた解説を読み直す。そして最後までソラで書き切れれば、それで頭の中にひとつの論理が組み立てられたということになる。

この経験を増やしていくことです。ただし、すべてのパターンを網羅する、というようなやり方をしてはいけません。

そんなのは不可能だから。

それよりは一問一問、これはこうなる、これはああなるという論理を見つけていった方が良い。その積み重ねが応用力だと思ってください。

したがって基本ができていませんねえ、という指摘は当たっていない場合がある。ましてそれで基本問題をやり直したら、時間の無駄遣いになるので良く答案を見定めてください。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
春期講習のお知らせ


【無料】春の合格手帳、差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
志望校で何がしたい?


6年生の教室から
自分でどんどん進める環境を整える


算数オンライン塾
3月20日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて | コメントする

まず量を書けるようにする

新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内

近年、国語の記述問題を出題する学校が増えています。

記述問題は、まずはとにかく書けるようになる必要がある。子どもたちの記述の結果を見ていると、結構空欄になっていることが多いものです。

で、空いている理由を聞いてみると
「わからなかった」
「時間が足りなかった」
というのが多いのですが、実は「面倒だ」であることが一番の理由です。

選択肢の場合であれば「ア」とか「ウ」とか選べば済むだけなのに、記述は全部書かないといけない。面倒だ、ということになるわけです。

しかし、学校によっては全ての問題が記述、という場合もあるので、面倒だとは言ってられない。空欄にしたら0点ですから。

なので、まずはしっかり書けるようにすることです。それもできる限り量を書けるようにする。字数制限がない場合は、なるべく多く書く練習をした方が良いでしょう。ところが基本的に面倒だから、というので1つの文しか答えを書かない子も結構います。どうして答えが2つあると考えないのだろうか、と思いますが、まあ、これも面倒だ、と思っているからでしょう。

もしかして答えが2つある(あるいは2つの要素がある)とすれば、それはその要素が1つなければ得点が半減する、ということなのです。

だから詳しく書いておくくせをつけないといけない。

量を書けるようになってからでないと、中身の議論はできません。だって書いてないものを添削することはできないわけですから。

なので、この時期は量をたくさん書けるように練習してください。答えの要素が3つある、という場合だってあるのですから。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
春期講習のお知らせ


【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
自分で勉強することを習慣化するには


6年生の教室から
4種類の問題分類


慶應進学館から
なぜ生物の問題が多いのか




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて | まず量を書けるようにする はコメントを受け付けていません。

親の我慢

子どもが、何かをしている様子を見ていると「まどろっこしい」と思うことがあります。

何かのふたをあけようとしているのだが、うまくいかない。

「ほら、こうやるんだよ」

と親がやるのは簡単です。で、こういう光景はいたるところにあるでしょう。

しかし、教育的に言えば、あまりよろしくはない。

なぜか?

自分でやりきるチャンス」を奪ってしまっているからです。

最近は1つの家庭にいる子どもの数が少ない。その分たくさんの大人の目が子どもを見守っているところがある。

その結果として、大人が「がまん」できずに、つい「やってあげて」しまう。

うまくいかないくても、大変でも、やりとげる、ということは、最後に子どもに大きな力と自信をプレゼントします。

新学年になって、いろいろ勉強で苦労しているところがあるかもしれません。

でも、本人ががんばって乗り切れたら、それは子どもの成長につながるのです。

親にも我慢が必要です。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
春期講習のお知らせ


【無料】春の合格手帳、差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
行動が遅い子


6年生の教室から
知識を覚える練習


算数オンライン塾
3月18日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて | 親の我慢 はコメントを受け付けていません。