第234回 何とかなるさ

■ 中学受験は、子どもの年齢に比べてかなり高度なことを学習します。したがって、それがうまくいかないときは多々ある。

■ しかも子ども自身がまだ幼い。だから親が思うとおりにならない場合もあるでしょう。だからといって、あせる必要はないのです。確かに目標に間に合わないかもしれないが、しかし、それでも成長は続いている。

■ で、大事なことは、子どもに良かれと思ってやっている中学受験なのだから、その過程もすべて子どもにとってプラスになるように考えていかないといけない。無理が重なればやはり、何か壊れていくのです。それは本人だけではなく親も同じこと。

■ したがってあせりは禁物です。焦れば焦るだけ、壊れていくものは大きくなる。どこかで「何とかなるさ」ぐらいに考えていてください。

============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

できないと思わせない
============================================================
中学受験 算数オンライン塾

8月24日の問題
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: なおなお母親講座 | コメントする

速さの問題

東洋英和女学院の問題です。


東西にのびた直線のジョギングコースがあります。守君は西のはしから、 明君は東のはしから出発して、このコースを往復しました。2人は同時に出発し、6分後にすれ違いました。守君はそこから720m走って東のはしに着き、折り返してから再び明君とすれ違い、その後360m走ってゴールしました。
 次の問いに答えなさい。
(1)明君の速さは毎分何mですか。
(2)2人が初めてすれ違ってから、再びすれ違うまでに何分かかりましたか。
(3)明君は2度目に守君とすれ違ってから、何m走ってゴールしましたか。


【解説と解答】
グラフのような移動をしています。
20160823t001
(1)最初明君は6分間で720m移動していますから、720÷6=120m
(答え)120m

(2)1度目にすれ違うのに6分。このとき2人で片道分動きますが、2回目は片道3つ分動くので、18分後になります。したがって1回目から2回目にかかる時間は12分です。
(答え)12分後

(3)明君は360m動くのに360÷120=3分かかるので、西の端に来るのは18-3=15分後。したがってこのコースは120×15=1800mになります。
1800-360=1440mなので、明君はすれ違ってから1440m動いて、ゴールします。
(答え)1440m

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)

============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

やる気の波
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

自分で勉強する姿勢
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 各校の入試問題から | 速さの問題 はコメントを受け付けていません。

台風による中止は先生のため

最近は中学受験の塾もあちらこちらにできたので、そんなに遠くまで塾に通う子はいません。

台風となれば、電車は止まるかもしれないが、しかし、塾まで来るまで送っていけばそう大きな問題はない。

しかし、塾はある一定の暴風雨になると、休講にすることが多いでしょう。

雨はまあ、そうでもないが、基本的に恐いのは風です。

風が強いと何が飛んでくるか、わからない。以前、台風一過のあと、ある教室の前の木が途中から真っ二つに折れて歩道側に倒れていることもありました。

そして、もうひとつ問題があるのは、先生たちは遠くから通ってくるということ。

つまり電車が止まれば来られない。あるいは帰れない。授業に必要な先生がそろわない場合もあるから、まあ、そういこともあって塾は休むのです。

============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

夢見る子
============================================================
中学受験 算数オンライン塾

8月22日の問題
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2017年受験に向けて | 台風による中止は先生のため はコメントを受け付けていません。