この時期の模擬試験の結果をどう考えるか(1)

=============================================================
慶應の算数、特別授業のお知らせ
=============================================================
4月から6年生の模擬試験が始まりました。

結果が出てきて、いろいろ考えられているところがあるかと思うのですが、偏差値はやはり大事な指標であろうかと思います。つまり、全体の中で各教科がどうなのか、ということ。

これは集団によってもいろいろ結果が分かれるとは思うのですが、それぞれの科目の偏差値から考えて、勉強の進捗度は測れるでしょう。ただ、理科や社会の偏差値についてはあまり気にしなくても良いとは思うのです。まだまだ十分に勉強できているわけではないし、忘れているところも多いだろうから、この成績を元に後何をやらなければいけないか、ということがはっきりした、というレベルで考えれば良いと思うのです。

ただ算数と国語については、成績が悪い場合はその原因をしっかり探っておいた方が良いと思います。

算数については、間違えは大きく3つに分類できます。

1 いわゆるミスによる失点。計算ミス、問題文の読み違い、いろいろミスの原因はあるでしょうが、しかし、後からやり直したらできる、という間違い。
2 問題のテーマについて(例えば比と速さ、平面図形)の基礎的な問題で、それがよく分かっていないという間違い。
3 問題のテーマについて、応用的な問題で、基礎はできていると思われるが、応用問題が解けなかったという間違い。(全く手がついていない場合も含めて。)

で間違いがこの3つのどれに当たるのかを、試験後しっかり確認してみてください。
1が多い場合は点数が悪くても、まあそれほど心配する必要はない。また3が多い場合も特に問題はない。基礎はできているわけですから、後は応用力を身につけていけばいい。問題は2が多い場合です。

例えば模擬試験で前半出てくる一行問題や基本問題から間違えており、それがどうしてそういう解き方になるのか、今一つわかっていない場合。

これは基礎ができていない、ということなので、どこがわかっていないのか、確認を必要とします。できれば早急にその分野の基礎をしっかり勉強し直す必要があるでしょう。今のところ難しいところはできなくてもそう心配はないが、基本問題ができないというのは、やはりやり直しが必要です。基礎ができていないと応用問題はまったく歯が立たないからです。

同じ点数であっても、その内容によって状況の深刻さは違いますから、しっかり分析してください。

次回は国語についてお話します。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
第2回 東京都市大等々力中学


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
塾に行きたくないと言い出した時


5年生の教室から
学校別入試対策説明会


中学受験 算数オンライン塾
4月24日の問題



自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて | コメントする

志望校のホームページを確認しましょう

=============================================================
慶應の算数、特別授業のお知らせ
=============================================================

間もなくゴールデンウィークですが、この前後に文化祭をやる学校があります。文化祭はその学校の雰囲気を知る良い機会ですが、つい秋ではないかと思いがちです。

したがって志望校のホームページで必ず時期を確認してください。

文化祭は、やはりできる限り出かけて行った方が良いと思います。一度行ったことがあるから、今年はいいか、とは思わず、できれば毎年行く、ということでもいいのではないかと思うのです。

志望校であれば、学校が身近になればなるほど「行きたい」と思うものです。したがって文化祭に行けばその気持ちは強くなるので、できる限り行ってほしいと思います。

子どもたちは自分の好きな展示を見てくれば良いのですが、お父さん、お母さんにはやはり在校生の様子をしっかり見てきてほしいと思うのです。

子どもにもいろいろなタイプがいます。

積極的に部活に参加する子もいれば、そうでない子もいるでしょう。

いろいろな子どもたちがいますが、その子どもたちがどんな活動をしているのか、どんな様子なのかを見ていれば、お子さんがやがて入学したときのイメージが湧くでしょう。

その結果として、それが子どもたちにとって楽しいものである、と思えるのであれば、それはその学校がお子さんに合っている、と思って良いのではないかと思います。

逆にそのイメージがあまりわかないとすれば、本当にその学校でいいのか、もう一度考える余地があるのかもしれません。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
第2回 東京都市大等々力中学


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
口ばっかりな子


5年生の教室から
ZOOM(テレビ会議システム)を使った無料学習相談を行います。


慶應進学特別から
普通部生の憂鬱



自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて | 志望校のホームページを確認しましょう はコメントを受け付けていません。

学校説明会でのポイント

=============================================================
慶應の算数、特別授業のお知らせ
=============================================================
これから各校で学校説明会が行われます。

校長先生の話に始まって、学校の指導方針、教科指導の方法、クラブ活動、校外活動、また受験校については進学指導など、いろいろな話があるかと思うのですが、一番大事なのは校長先生の話だと思っています。

最近は現場の先生の中から校長先生が誕生する学校が多く、その学校に長年勤めていて、新たに学校のリーダーとして学校運営に取り組む先生方が増えました。そうなると、それぞれの学校でこれからどのような教育を実践していくのか、具体的な方針が割とはっきり示されることが多くなります。

その方針にしたがって学校の具体的な授業体制が組まれ、生徒指導が行われていくので、校長先生が何を考えているか、ということが割と学校の内容を知る上で重要なポイントになることが多いのです。

近年少子化の流れを受けて、私立学校間の競争が激しくなりました。生き残りをかけて、共学化、国際化、理数教科の強化、IT化、私立大学への系属化などの動きが出てきています。学校によってパソコンを全員に持たせて学習に活かそうとしている学校もあれば、留学体制を強化している学校もあり、またネィティブの教員を増やすところも出てきています。

それぞれの学校が独自に学校改革に取り組んでいく中で、その中心となるのが校長先生であり、またその学校の魅力の根源が校長先生の教育感に発するところもあるので、ぜひ話を聞いてください。

今年、新たに校長に着任した先生もおられるので、説明会は何度か足を運ばれると良いかと思います。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
第2回 東京都市大等々力中学


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
私立大学系属化の流れ


5年生の教室から
海外から受験する


中学受験 算数オンライン塾
4月22日の問題



自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて | 学校説明会でのポイント はコメントを受け付けていません。