甲子園

Pocket
LINEで送る

昔、ある私立の男子校の教頭先生とよく野球談議をしていました。

その学校は、当時、まだ甲子園に行けたことはなく、長年奉職されていたその教頭先生は一度でいいから、母校を甲子園で応援したいと思っていました。

学校は進学校ですが、勉強ばかりではだめだ、体も鍛えないといけないし、心も鍛えないといけない、というのでその学校はクラブ活動もなかなか活発でしたが、だからといって中学受験生だけで甲子園に行けるほど世の中甘くはない。

その学校は一貫校で、高校の募集は停止していますが、スポーツ推薦の枠だけはとっていました。

だから、中学である程度、野球の力もあり、学校の成績も悪くなければ、高校から入れる。その代わり、練習はしっかりしてもらう。

このシステムをとっている学校は決して少なくはありません。甲子園の常連校はまずスカウト制度をもっているし、全国から野球少年を集めてくるわけだから、それに対抗しようと思ったら、そのくらいのことはやらないと当然先生の夢はかなわない。

しかしながら・・・

毎年、いいところまでは行くのです。しかしベスト8とか、ベスト4あたりでやられてしまう。その後、教頭先生からなぜ、甲子園に行けなかったかを毎年、伺っていました。

「例えば、です。良いピッチャーが入ったとしましょうか。それも1年生と2年生に一人ずつ。で、一生懸命練習して、がんばってベスト4というのがまあ、ひとつの壁なのです。野球はチームでやるものですから、1人、2人が良くたって、そううまくいくもんではない。全国の野球少年たちが、あそこに行って、俺はプロを狙ってやろう、ということにならないといかんわけですが、本校はそういうレベルではない。まあ、毎年奇跡を願っているだけですが。しかし、です。今年の予選も良く生徒たちが応援に行ってくれました。やはりこういうイベントがあると愛校心というのは育つ。ありがたい話です。」

教頭先生のその満足そうな顔を、この時期よく思い出します。

==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

視点を変えよう
==============================================================
中学受験 算数オンライン塾

7月21日の問題
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================
夏休みの学習にお役立てください、

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村


Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 閑話休題 パーマリンク