早く始めて追いつかれるのは精神的にあまりよくない

Pocket
LINEで送る

これから中学受験を始める時期は人それぞれになってくるところがあるでしょうが、早い子は小学校にあがるとすぐ塾、ということもあるでしょう。

以前、小学校受験に失敗してすぐ中学受験の準備を始めてお子さんがいました。

最初は、いろいろアドバンテージがあったのですが、小学校4年生ごろから人数も増え始め、だんだん相対的な位置が下がり始めます。

そうなると、気分が良くない。子どもも実はできなくなっているのではないか、と疑心暗鬼になり、いよいよ受験勉強が本格化する時期には、かなり苦しい状態になっていました。

結局、なんとか滑り止めで一応受験は終えたのですが、早く始めてかえってうまくいかなかったひとつの例だと思っています。

力のある子は適正な時期に始めればちゃんとできるようになっていくので、あまり慌てないことが大事でしょう。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
やっていることが志望校に比べてオーバースペックということはよくある


中学受験 算数オンライン塾
8月27日の問題






【塾でのご利用について】
塾でWEBワークスをご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内



読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク