学校は放任型が良いのでは

Pocket
LINEで送る

最近はソフトな管理型のスクールカラーを持つ学校に人気があります。

管理型というのは、進学校において子どもたちの成績や勉強の進捗状況を管理し、大学受験の成果をきちんと出そうと考えている学校のことです。この逆が放任型で、放任型というのは学校はあまり手を下さない。やはり子どもが本気にならなければ本当に子どもたちのためにはならない、と考えてある程度ほっておく。ほっておくから、もちろん成績が上がらない子もいるし、勉強をしない子もいるので、そこはどうしても親が不安になる要因になります。

塾においても学校においても、そこそこ管理してもらって、先の道を踏み外さないようにしたいから管理型の人気が高いのです。

しかし、中高時代というのは、子どもたちが大人になっていく段階でいろいろなことを試す大事な時期でもあります。ただ受験というだけではなく、本当な自分が何が好きなのか、どういうことに興味があるのか、ということが醸成されていかないといけない時期だから、あれはだめ、これはだめ、というのは本当はあまり良いこととはいえない。

むしろ子どもたちが自由に自分の興味を展開し、実験したりその成果を表現するようなことが必要となってくるのです。

そうなるとむしろ放任型の教育の方が、子どもの可能性を伸ばすには良いということになるかもしれない。

放任型の学校についてもぜひ検討してみてください。子どもが自由にやれる学校はまた別の魅力があります。

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事
自分の勉強を組み立てる


フリーダムオンライン-学習のヒント-
地域の差をなくす


慶應進学館から
中等部の社会




【(株)邦学館からのお知らせ 】
WEBワークスを塾・個別指導でご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内


読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク