どちらかが少し受験から距離を置く

Pocket
LINEで送る

昔は、中学受験に関わっていたのはお母さんがほとんどでした。保護者会でもお母さんばかりだし、面談もお母さん。

ところが今はだいぶん状況が変わりました。説明会や保護者会だとお父さんの方が多いということも結構あります。

さらに志望校面談でお父さんが出てこられることも多い。ご夫婦で来られることも多くなりました。

で、こういう状況は子どもたちにとって良いともいえるし、良くないともいえる。

悪い点は逃げ場がなくなっていること。

昔のお父さんは「おれは小学校の時に勉強なんかしなかった」と言い放ってママの顰蹙(ひんしゅく)を買っていたものですが、その分、子どもたちがちょっとホッとできる存在でもあったのです。

なので、どちらかが少し受験から距離を置く、というのは大事な作法かもしれないと思います。

お父さん、お母さん共に熱心で、いろいろ子どもたちに言い始めると、子どもたちの逃げ場がなくなる。

「まあ、少し落ち着いて」とどちらかが言える状況だといろいろうまくいくこともあるものです。

ということで、さあ、どちらが距離を置く方に回るか、ちょっと相談してみてください。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
偏差値で合格を測ると遠回りになる


算数オンライン塾
3月30日の問題






【塾でのご利用について】
フリーダムオンライン WEBワークス OEMのご案内

読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク