実績を出そうとする学校

Pocket
LINEで送る

まずは、とにかく自分の学校の評価を上げないと、受験生に来てもらえない。

そこで、とにかく大学受験の合格実績を出したい、と思うようになるのです。あるいは、そうでなければ、何とか大学の附属校、あるいは系属校になることを考える。

青山学院は同じ修道会関連の学校を系属校にしており、そういう学校はまあ、合格偏差値が上がる傾向になっていますが、しかし、良く考えてみると、中身がすぐに変わったわけではないので、やはり出口だけで受けて良いのか、吟味する必要があるでしょう。

附属校にならないとすると、当然、大学受験の実績を上げないといけないから、今いる生徒に勉強させないといけない。だから塾みたいな学校になりやすいのです。成績管理して、管理するなら良いが全部公開して、やる子とそうでない子をしっかり分けてしまう。分けてしまって下の子はまあ置いといて、上の子に力を入れる、ということをやるわけで、そのやり方のひとつとしてコース制というのもある。定員をコースで分けて、他のクラスと全く違うやり方をする。

これも、まあ良かったり、悪かったりで。というのも、ついていけなくなる子もいるし、また後から伸びる子を何もしない、ということになりかねず。

何もしなければ受験生には来てもらえない、はまあ、その通りながら、やはりもう少し学校としての工夫は必要だ、と思える学校があるので、しっかり中身を調べておきましょう。


New!!フリーダムオンラインからのお知らせ

夏期講習のお知らせ


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
田中貴のTwitter


New
2021 合格手帳 5年生用夏休み特集号のお知らせ

2021 合格手帳 6年生用夏休み特集号のお知らせ



受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
これを最後の受験にしたい子


6年生の担任から
過去問の勉強は時間がかかる



【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2022年受験に向けて パーマリンク