力業の問題が増える

Pocket
LINEで送る

ここのところ、算数で力業の問題が増えています。

力業、というのは、いくつかの事例を書き出し、その中から解法を類推し、解いていく問題。

つまり最初からキレイには解けない。しかもその書き出すべき数が結構な数になってきているので、途中で「これでいいのか?」とつい不安になることもある問題なのです。

で、なぜこのような問題が増えているのか、といえば、やはり粘り強さを求められているところがある。

単純にキレイに解くことばかりが、問題の対応力ではない。

これから君たちがぶつかる問題はそう一筋縄ではいかない、と言いたげな感じがするのです。

で、もちろん塾はそれに対応しているわけですが、これがすべての学校に必要というわけでは当然ない。

ここを見極めることは結構大事です。

少なくとも受験は志望校に合格するという目的をもっているので、合目的的に手法を考えていかないといけない。

どんな学校にも対応できるように、は不要な考えです。


今後、投稿のタイミングを定時以外に増やしていきます。投稿のタイミングをTwitterでお知らせしていますので、ぜひフォローしてください。
田中貴のTwitter




New洗足学園進学館からのお知らせ
2021年洗足学園入試対策説明会のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
志望校、もう決めた?



【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク