withコロナ時代の塾とは

Pocket
LINEで送る

明日から全面的に自粛要請が緩和する中、まだまだ以前の日常を取り戻せない部分が続いています。

在宅ワークはおよそまた5割を維持しているようですし、飲食店もかつての賑わいを取戻すまでにはなかなか到らない。

そんな中、第二波、第三波に対してやはり対応をしていかなければなりません。北京では再び学校が休校に入ったようですが、この先、日本はどうするのか。クラスターが発生した学校は休校しているから、やはり地域によって対応はいろいろでしょう。

そういう状況の中で塾はどうあるべきなのか。

ひとつはいろいろな選択肢を持っている、ということではないかと思います。

単に、集合授業だけではなく、個別指導、オンライン指導、動画指導、というようにその状況に合わせて対応ができることが必要です。

動画授業で先生がいらなくなる、などということは実はないのです。むしろこういう状況下では、子どもの理解度や志望校に合わせて、柔軟にいろいろな指導を組み合わせる技量が求められる。

模擬試験などの成績を見ながら、得手不得手を見極めて指導する必要があるわけで、教科を超えて指導する部分も出てくるでしょう。

そういう塾に早く切り替わっていけるかどうかが、これからの塾に求められていくでしょう。



【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020夏期講習のご案内

2020 合格手帳夏休み特集号を差し上げています。

無料です。
2020 合格手帳夏休み特集号申し込み【5年生用】
2020 合格手帳夏休み特集号申し込み【6年生用】


中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
オンライン学校説明会


5年生の教室から
分数、小数の計算は見直す


慶應進学館から
3校受ける?


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2021年受験に向けて パーマリンク