子どもは元々勝負事は好きだが・・・

特に男の子同士の会話を聞いていると、「それ、おれの方ができた」とか「お前よりは早かった」とか何かと比較して喜ぶ資質はあるものです。

ただ、それは大したことではないし、そんなに真剣に話しているわけでもないのです。

しかし組み分けは違います。結果は張り出されるし、席は決まるし、お父さん、お母さんにも点数が知られるし・・・。

それで良い結果が出ていれば、まあ本人もそれなりに続くのですが、負け続けてしまうと、気持ちがどんどん落ち込み、自信もなくしてしまう。

だから、競争に参加するのは良いが、良く良く状況を見て、一旦手を引いても良いと考えていいのです。何、あとから成績が上がってきて、上位の点数を出せばどんな塾でも暖かく迎えてくれるでしょう。だから、問題は本人の気持ちを折らせないようにすることなのです。

いますでに4年生も5年生も競争の生活を送っていると思いますが、つねに子どもたちのメンタルに気をつけてください。

平気な顔をしているようで、相当ストレスをため込んでいる子も多いですから。


2019-2020 6年生用合格手帳入試直前号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
よくがんばったなあ、と思える準備をする


6年生の教室から
骨折とインフルエンザ


慶應進学館から
印象に残ったことは?


最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2021年受験に向けて パーマリンク