そろそろ応援する方に回ってもいいかも

Pocket
LINEで送る

まあ、これまではまだまだ幼いし、見ていないとちゃんとやらないから、といって多少なりとも手取り足取りしてきたところはあるでしょう。

ただ、子どもはやってもらうと、自分でやらなくなるのです。これは別に子どもだけではないかもしれませんが、やってもらえる以上、自分でやらなくてもいいのだから、ある意味楽なのです。

ただし、そうなると自分で問題を解決する能力が身につかない。あまりに手をかけすぎると「きっとお母さんが合格させてくれるだろう」ぐらいに思ってしまいがち。

だから、そろそろ世話を焼くのはやめて、応援する方に回った方が良いと思うのです。

試験会場までは連れて行けても、会場の中に入ったらあとは自分で何とかしないといけないわけだから、本人が問題を解決するんだ、という意識をちゃんと持たせた方が良い。

「自分で決めたのだから、最後までがんばりなさい。ちゃんと応援してあげるから。」
と宣言してみてもいいかもしれません。

これからは本人が自分の力で僅差の勝負を征さないといけないのだから、本人の力を信じて応援しましょう。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ

2019年度6年生後期授業案内


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

疲れを感じたら


6年生の教室から
3ヶ月で第一志望合格を勝ち取った子


算数オンライン塾
10月30日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク