増やすばかりではなく

この時期、ダブルスクールで勉強している6年生は案外少なくないかもしれません。

集団授業と個別指導とか、あるいは家庭教師。また、集団授業をメインと学校別特訓と分けて通っているとか。

負担を増やせば、何かを減らしたいところではあるので、やはり優先順はしっかり決めた方が良い。

というのは、やはり自分でしっかり考える時間がないと、どうしてもできるようにはならないからです。

いろいろな解き方を習ったとしても、実際に自分で使えなければいけない。だから習うだけではだめで、過去問などで問題を解く力をつけていかないといけないわけです。

過去問をフォローする時間も必要で、そのために個別指導や家庭教師の先生に来てもらっているわけですが、しかし、その後、ちゃんと復習できるかも大事な視点。

習いっぱなし、だとまた後からやり直したときにできなかったりするのです。だから、その時間を十分似考えておかないといけない。

塾はお休みにする、という考え方も当然あるのです。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ

2019年度6年生後期授業案内


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

努力で能力差は埋められるか?


5年生の教室から
速さの問題文はわかりにくい


算数オンライン塾
10月4日の問題


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク