第397回 納得のいく安全校を見つける

■ 子どもたちは、自分の第一志望校を中心に勉強を進めていけば良いわけですが、親としては別の視点をしっかりもっておかなければなりません。

■ それは、これから進む中学高校の環境をしっかり見極めることです。もちろん第一志望や第二志望に入ってくれればそれに越したことはありませんが、当然、難しい学校に挑戦している子が多いので、合格できるとは限らない。

■ しかし子どもたちは来年4月からは新たに中学生となって勉強を続けるわけですから、その環境をしっかりえらばなければならないのです。

■ 空いている日程の中から、合格できる可能性が高く、行かせても良いと親が思える学校をしっかり選ぶことが大事です。ここで止まる、と思えば、子どもたちの挑戦もしっかり見届けられるし、また、この後の展開もしっかり見通すことができます。

■ だからここから納得のいく安全校をしっかり見い出すことが親の大事な役割です。子どもたちはまだまだ発展途上ですから、これからその資質を伸ばしてくれる学校を考え、その学校に共感できるかどうかをしっかり見極めてください。多少の難があったとしても、それを乗り越えるものがあれば良いのではないかと思います。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

【無料】2019秋の合格手帳9-11月号を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
スランプという言葉は使わない


6年生の教室から
正確に覚える


慶應進学館から
タイガージャージを身につけるには


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: なおなお母親講座 パーマリンク