できる問題を落とすな

Pocket
LINEで送る

授業で子どもたちと模擬試験のやり直しをやっていますが・・・。

本来、できる問題を落としている子がまだまだ多い。試験中、何をどう勘違いするのか問題を読み違えたり、計算間違いをしたり、解き方の扱い方が違っていたり・・・。

まだまだミスが多いのです。

これとこれとこれはできたはず・・・、いやできないといけない、というので勘定してみるとあっという間に7割、8割にはなるわけで、それが実力と言ってしまえばそれまでですが、しかし、解ける問題を落としてしまうと入試ではそれが不合格に直結してしまいます。

これは試験中できないな、と思う問題はまあ、致し方ないとしても、できる問題を落とさないように極力注意していきましょう。

最後、「間違えなくなったなあ」という状況になれば、まあ、合格するのは間違いない。この差をどう詰めるかが、これからの最大の課題です。

【無料】2019秋の合格手帳9-11月号を差し上げます。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度6年生後期授業案内


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

過去問と模擬試験のアンバランス


6年生の教室から
暗記テキストの通りには出ない


算数オンライン塾
9月22日の問題


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク