知識を使えない

社会の過去問の指導をしていて、知識が身についていない、と指摘する場合があります。

だからといって、社会の暗記テキストは結構やっている。やっているけれど、使えない。つまり、問題で聞かれていることが暗記テキストのどこのことなのか、ピンと来ていないのです。

なので、たまにこの知識は暗記テキストの何ページの何番、と指摘をすることがあります。

そうすると、子どもの反応は

「ああ、このことか。これなら知ってる」ということになる。つまり、知っている知識を使えていない、ことが多いのです。

だから問題をやるとき、これは知っていないといけない、というところは、暗記テキストのどこに載っていることなのか、確認すると良いでしょう。すべての問題でできるわけがありませんが、間違えたときに指摘すると、効果があるようです。

だって、点数になるべき問題だったのですから。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

【無料】2019秋の合格手帳9-11月号を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

自分の間違いを見つけられるか?


6年生の教室から
1~2ポイントの違いはナンセンス


慶應進学館から
普通部中心に対策を組み立てる


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク