他に答えはないか?

国語の記述問題、答えがひとつだ、と思っている子は案外多いのです。

例えば選択問題は、答えはひとつに絞られている場合が多いでしょうし、書き抜きはひとつに決まっている。

しかし、記述は答えが複数ある場合があるのです。それは解答欄を見ていればわかる。

例えばどう考えても3行ぐらい書かないと埋まらない、という場合、正解の要素が複数あると考えた方が良い。だから最初に思いついた答えだけでは、満点はとれない、のです。

したがって問題を考えていくにあたって、他に答えはないか、ということを考えていく。そして思いついた要素をしっかり盛り込むことが大事です。

その際、ひとつの文が長くなりやすい。そうなると相手に伝わりにくいので、1文を短く書くよう心掛けてください。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

【無料】2019秋の合格手帳を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
秋の学習


6年生の教室から
すべての受験予定校の過去問ができるわけではない


慶應進学館から
湘南生の通学範囲


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク