速さは解き方が変わる

6年生になって速さがわからなくなる、というケースがあります。

5年生の時に習った速さは、旅人算を中心とした解き方で比は関係なかったのですが、6年生になってから出てくる速さの問題は比を使って解く問題が多くなります。

この場合、同じ時間動いているところ、あるいは同じ距離を動いているところに着目して速さの比を出したり、かかる時間の比から速さを求めたりするわけですが、要は5年生のときと全く解き方が違う。

したがって5年生の解き方で解こうと思うとまったく解けない、ということになるのです。

だから、1から学ぶつもりになった方が良いし、親も「一度やったのに」とは思わないことです。そしてこれをマスターしないと、入試問題の速さは解けない。

圧倒的に、比で解く問題が入試では多いので、ここは心機一転、もう一度学び直すぐらいのつもりで勉強してください。

フリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

New【無料】合格手帳「夏休み特集号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
ウチのやり方で臨む


5年生の教室から
締め切りを変える


算数オンライン塾
7月12日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク