第385回 どのクラスにいるかはもう気にしない

■ 7月の組み分けが終わると、あとは夏期講習内に一部入れ替えがあるでしょうが、これまでのように組み分けは頻繁ではなくなります。

■ で、どのクラスにいようと特に大きな問題ではない。というのも、勉強は個の問題に収束していくのでクラスの問題ではなくなるからです。

■ 以前、7月の組み分けでひどく失敗して、その塾を辞めてしまった子がいました。もうすでに夏期講習の支払いも終っているというのに、「行かない」の一点張り。

■ 本人は、もはやそのクラスで勉強するのはいやだったのでしょう。で、結局個別の先生を頼み、学校別専門の塾に通い、ということになった。

■ その分、最早クラス分けに気を遣う必要はなくなり、本人が第一志望とする学校を突破するためにあと何が必要か、ということに集中することができたのです。

■ 結果としてその子は見事に難関校を突破しました。本人は今でも「あのままいたら合格できなかった」と言います。まあ、そういう部分はあるでしょうが、要はクラスに惑わされることなく、自分のやるべきことをやれば良いのです。その時間を確実に取るために塾を変える、という方法もひとつでしょうし、個別の先生に習う、というのもやり方でしょう。

■ これからは個の勉強をどれだけ充実させられるかにかかっている。そろそろ相対的な比較は卒業してしまった方が良いでしょう。

■ 相対的に比較されて上位にいたとしても、志望校の学校別傾向に対して強くなければ合格はできないのですから。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

New【無料】合格手帳「夏休み特集号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
問題文の意味がわかっていない


6年生の教室から
学校別バインダーの強み


慶應進学館から
考える時間を増やす


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: なおなお母親講座 パーマリンク