これは書くしかないかと思った時

Pocket
LINEで送る

算数や理科の問題で、これは書くしかないか、と思える問題があります。

表を作ったり、作業をしたりすれば、まあ、答えは出そうだと思うものの、当然、それにかかわる時間が問題になる。

時間が無制限であれば、当然やればいいわけですが、試験は時間が限られる。そしてここがミソですが、出題者はそこを図っているところがあるのです。

つまり、時間を費やさせる。

作業を早くやれるのであれば、それに越したことはないが、それに関わることで時間はなくなる。そのバランスをそれなりに考えたとき、これはやるべきか、やらないべきか、判断する必要が出てきます。

そういう意図がある問題は明らかにあるわけです。あくまで入試は得点で決まるのだから、後回し、という判断がベスト、という場合もある。

しかし、幼い子は割とこの罠にはまる。そしてここが問題ですが、少しでもやり始めると、終らないともったいない、と思いやすい。

ただし…。

今はぜひやってもらいたいと思うのです。自分がどのくらいの時間がかかるのか、やらないと体得できない。案外やったら簡単だったということもあるので、何でもかんでも避けてしまうのも問題。まずは時間のあるうちは、やってみることです。そして経験を積んでいくうちに、やるべきか、の判断を下せるようになってもらいたいと思います。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
その問題、本当に必要ですか?


5年生の教室から
5年の夏休みから中学受験を始める(1)


算数オンライン塾
6月2日の問題


新4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク